トピックス TOPICS

トピックスTOPICS

6月の季節鉢 / 父の日限定鉢

Cat : News / Tag :

花園樹斎では、目利きのプラントハンター西畠清順さんが見出す四季折々の植物が毎月登場します。

初夏を感じる6月。今月は父の日の贈り物として選んだ香丁木をはじめ、3種類の植物が揃いました。

 

kouchogi

「香丁木(コウチョウギ)」

根が地表に出て独特の雰囲気をかもす香丁木は、ハクチョウゲの矮性種。平安時代に中国から伝わってきた「盆景」は、その後能の文化にも取り入れられ、江戸時代になると「盆栽」の一大ブームを巻き起こしたと言われているが、香丁木のような「根上り」の樹形は、盆栽の世界でも好まれる立ち姿の一つ。小さいながらも自然の力強さを感じさせる風格があり、一方で春と秋に咲かせる柔らかな紫色の花はなんとも美しい、一年を通してその趣を飽きることなく楽しめる植物である。

清順セレクト 香丁木 6,900円+税

himetokusa

「姫木賊 (ヒメトクサ)」

古来より、研ぎ石や研磨剤の代わりとして、日本刀や櫛作りには欠かせなかったと言うトクサ。その深みがある青緑色は鎌倉時代から登場し、江戸の町では女性の間で流行色として好まれていた、という言い伝えが残されている。1mほどにまで成長する原種のトクサに比べると、背丈が20cmほどにしかならないヒメトクサは、北海道などの寒い地域の湿地などに自生している。繊細でありながらも風格を漂わせるその姿から、盆栽などに仕立てられ、日本の夏に涼やかさをもたらしてくれる存在として、我々の生活に寄り添ってきた植物である。

季節鉢 姫木賊 3,900円+税

adenium

「アデニウム」

今は戦地となり入ることが難しい、アラビア半島の乾燥した荒れ地に自生するアデニウム・アラビカム。荒涼とした砂漠の中で、目のさめるような美しいピンク色の花を咲かせる姿にちなみ「砂漠のバラ」という通称名が付いている。現地では樹齢数百年という大きな株もあり、高さ4m、直径2.5mにまで成長するが、今回花園樹斎に登場するのは、その巨木のミニチュア版。小さいながらも個性的なシルエットはまるで盆栽のようで、ぽってりとした幹の絶妙なバランスが、なんとも言えない趣と可愛さを生み出している。

清順セレクト アデニウム 6,900円+税

 

どの植物も、これから夏に向けて開花期を迎えます。(ヒメトクサも小さな花が咲きます!)
贈り物の際には、専用の桐箱や、メッセージカードもご用意しておりますので、是非ご活用ください!

 

花園樹斎展開店舗

中川政七商店全店  (阪神梅田本店は除く)
遊中川 本店 
遊 中川 神戸大丸店
遊中川 近鉄百貨店奈良店
遊中川 玉川高島屋S・C南館店
遊中川 横浜タカシマヤ店
公式オンラインショップ (植物は除く)

商品の在庫は各店舗へお問い合わせください