トピックス TOPICS

トピックスTOPICS

12月の季節鉢

Cat : News / Tag :

花園樹斎では、目利きのプラントハンター西畠清順さんが見出す四季折々の植物が毎月登場します。

 
早いもので今年も師走。
忙しい中ではありますが、年越しの準備はいかがでしょうか。

門松やしめ飾りなど、お正月飾りに欠かせない植物に松がありますが、なぜ松を飾るのかご存知ですか?
松は常緑で一年中葉を落とさないため、木の梢(先端)に神が宿ると考えられてきました。玄関先に飾る門松は、一年の幸せをもたらす歳神様を迎え入れるための依り代という意味があります。松の語源は神を待つ、神を祀(まつ)るとも言われているくらい、神聖で縁起の良い植物だと考えられていたんですね。
 
そんな新年を迎えるに相応しい松を、西畠さんらしい、個性のある2つの仕立てで用意していただきました。
kuromatsu2

「黒松 結び仕立」

盆栽の松としても名高い黒松を、結び仕立てにしあげました。くるりと結んだ幹は、「縁を結び、実を結ぶ」と願いを掛けています。さらに、おめでたいまめ郷土玩具が付属するので、一緒に飾ってお楽しみ下さい。
※まめ郷土玩具1種が付属します。(犬張子・招き猫・祝い鯛)

季節鉢 黒松結び仕立(3号) 5,000円+税

 

matsubokkurimatsu

「松ぼっくり松」

苔に埋まった松ぼっくりからにょきにょきと伸びる枝が何ともユニークで、何ともかわいらしい姿の松です。こちらも常緑なので一年を通して楽しんでいただけます。

季節鉢 松ぼっくり松(3号) 4,000円+税

松の内を過ぎても楽しめる、育てるお正月お飾りとして、晴れやかな新年を迎えられてはいかがでしょうか。

 

 

花園樹斎取扱店舗

中川政七商店全店  (阪神梅田本店・東京ミッドタウン店・ジェイアール名古屋タカシマヤ店は除く)
遊中川 本店 
遊中川 横浜タカシマヤ店
公式オンラインショップ (植物は除く)

商品の在庫は各店舗へお問い合わせください