ツールバーへスキップ

庭の花をギフトにする際の水あげ

経営のことならF&G

庭の花をギフトにする際の水あげ

家で育てている花をギフトにする場合は、水あげの方法で長持ち度合が変わります。まずは自分用に仕立てて水あげの方法を試行錯誤してはいかがですか。

草花は湯あげが効果的です。花を切ったら新鮮なうちに、花の部分に水がつかないよう新聞紙でくるみます。茎の切り口を60度以上のお湯に一呼吸分くらいの時間つけます。その後、茎の部分のみをたっぷりの水に1時間以上つけることで草花が長持ちします。

紫陽花など枝のある花の場合は、枝の先の皮を10cmほど鉛筆のように削ります。茎の中に綿状のものがあれば取り除くことで枝が水を吸えるようになり長持ちします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。