ツールバーへスキップ

グリーンショップ・フラワーショップとして利益を出すには?

経営のことならF&G

花屋のビジネスに限った話ではないですが、ビジネスというのは成功した法則をしっかりと理解した上で事業をおこなう必要があります。

たくさん利益を上げようと躍起になるだけでは、安定した利益や顧客を獲得することは難しいです。

利益のことをまず第一に考えるのではなく、お客様に喜んでもらえるお店になるためにはどういったことをしなければならないのかをしっかりと考えられる花屋さんが安定して利益を出せていたり、顧客を抱えていたりします。

ここでは、シーン別にどういったことをお客様は求めているのかについて紹介していきます。

お客様が行きたいと思うお店の場所とは

  1. お客様が行きたいと思う場所とは、結果として自分が行きやすいと感じる場所のことです。
  2. 駅が近い、自転車や自動車などの駐車スペースはどうか、これらがあるのとないのとでは来店数は異なってきます。
  3. 少しでもお客様が行きにくい、また自分自身が行きにくいと考える場所にはお店を開店しないほうがいいです。開店したとしても、お客様の来店が見込めない場合も十分に考えられるからです。お店を決める際には、場所についてしっかりと考える必要があります。

 

お客様が手に取りやすい価格帯とは

どんなお客様でも、いいものを安く買いたいと思われる方が大半です。

そのため、仕入れの方法や販売する花の組み合わせを最大限に考えて可能な限り安く提供しましょう。

高く売る=利益がたくさん出るというわけではありません。

店内に花がたくさん在庫として残ってしまうよりは、安く価格を設定し、商品の回転数をどんどんと回していくほうが利益をたくさんあげることができます。

仕入れのやり方にしても、卸業者から仕入れるのではなく、市場から直接仕入れるなどしたほうが仕入れのコストを抑えることができ、結果的にお客様に届ける商品の価格も安く設定することができます。

市場から直接的に上手く仕入れると、卸業者の取引価格の半分の値段で仕入れることもできます。

仕入れに関してはお金がどうしてもかかってしまうので、仕入れの方法を工夫してみるといいかもしれません。

お客様が立ち寄りたくなるお店のレイアウトや品揃えは

たくさんの種類の花が店内に陳列されていて、お店に入るとたくさんの花に囲まれることができる、そういったお店に行きたいというお客様は多いです。

店内に少ししか花が陳列されていない、品揃えもそこまで豊富ではないようなお店に行きたいと感じるお客様はいらっしゃいません。

たくさんの花の種類を陳列するためには、ある程度のお店の広さは必要になってきます。最低でも20坪は欲しいところです。

花の品揃えや種類がしっかりしていないとお客様は足を運んでくれることは少ないです。

当たり前のことですが、お客様は花を花屋さんに求めてきます。そのため、自分の欲しいと思っている花がなければ他の花屋さんにお客様は流れてしまいます。

人気のある店はたくさんの種類の花を陳列しています。商品となる花がたくさんあれば、販売するチャンスも必ずあります。

お客様に喜ばれる接客をしよう

花屋に限らず、コンビニやレストランなどで感じの良い人がスタッフとして働いているお店に行こうとするのがお客様の心理です。

結局は人間性の優れたスタッフがいるかどうかが重要です。もし、自分のお店にお婆さんが来て、大きな花束を購入してくれた際にお店の出口まで行くのは当たり前。

近くに駅やバス停などがあれば、そこまで一緒にお持ちする。それくらい親切にできれば、そうした気持ちは口コミとしてどんどんと広がっていきます。

  1. どんなことをしたらいいのかがわからなければ、自分がしてもらって嬉しいことを続けましょう。
  2. そして、自分がされて嫌なことはお客様にしないこと。

この2つを継続することでかなりたくさんのリピーターや顧客を獲得できます。花を買いに来るお客様は当たり前に来店してくださいますし、いいことを続けているとあなたに会うことを目的に来店してくれるお客様も増えていくはずですよ。