植物紹介 INTRODUCTION OF PLANT

植物紹介INTRODUCTION OF PLANT

常磐忍
常磐忍

季節鉢

常磐忍

科名
シノブ科
属名
シノブ属
学名
Davallia mariesii
分布域
日本、台湾、中国

江戸時代中期、庭師が出入りしている屋敷へ「夏の挨拶の贈り物」として人気を博したのが、トキワシノブである。山苔をつけた竹にトキワシノブを巻きつけ、風鈴のごとく軒下に吊るせるように仕立てたことから「釣り忍」と呼ばれ、江戸の夏に涼をもたらす粋な装飾として一躍ブームとなった。ちなみに、他の植物に巻きついて生きる少し強気な性質を持つが、巻きつくための根茎はまるで猫の手のような見た目をしており、なんとも憎めない可愛らしさと、したたかさを備えた植物である。