ツールバーへスキップ

観葉植物ショップや花屋に相談する時のポイント

経営のことならF&G

観葉植物ショップや花屋に相談する時のポイント

まずはプレゼントの目的と予算です。お祝い、お悔やみ、お見舞いなどの目的に見合った花や予算を相談しましょう。

お店選びも大切です。店の雰囲気や店頭に並ぶ花を見て、相手の好みに合いそうな店を選びます。

お店が決まったら店員に贈る相手のことを伝えましょう。例えば高齢の方には色の薄い花よりも色の濃い花が好まれる傾向があります。贈る相手の年齢や性別は大切です。

多肉植物・エアプランツ ぷにっとした質感や育てやすさが人気のインテリアにもおすすめ

 

また、相手の花の好き嫌いが分かれば忘れずに伝えます。「お見舞いに鉢は縁起が悪い」などフラワーギフトにもマナーがありますが、マナーよりも好きな花を贈る方が喜ばれるケースもあります。最近の若い人は観葉植物の方が好きなようです。

もし相手の好みが分からなくても、その人の雰囲気やイメージも花選びの手掛かりになります。イメージを伝える際は具体的な色を伝えることで店員とのイメージのずれを防げます。

仕入れの都合で納期がずれることもあり得ます。花を贈る日が分かったら、花店への相談は出来るだけ早く行いましょう。アレンジに凝る場合は時間がかかる可能性があるため繁忙期は避けます。お気に入りの花瓶や鉢を使う場合も忘れずに事前に伝えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。